国際銅研究会(ICSG)2020年10月総会報告

2020-10-23

国際銅研究会(ICSG)2020年10月総会報告

2020年10月22日
日本鉱業協会企画調査部

2020年の秋季国際銅研究会(ICSG)総会は、10月14日と15日にポルトガルのリスボンを基点としてWeb会議にて行なわれ、加盟国からの政府および業界の代表者などが会議に参加した。日本からは政府代表に加えて数名の業界関係者が必要に応じてオンライン会議に参加した。10月19日付けでプレス発表された世界の銅需給見通しは次のとおりである。

1 2020年と2021年の世界の銅需給予測(添付の需給総括表参照)

1)銅鉱石生産

世界の銅鉱石生産量は、2019年実績は2,053万トンだったが、2020年は1.5%減の2,022万トン、2021年は4.6%増の2,115万トンになると予測した。

  • 2019年の減少はインドネシアの銅鉱山の操業不調などによるものだったが、2020年の減少はCOVID-19感染拡大の影響によって、チリを除くペルーや多くの国での一時的な鉱山の操業停止が要因である。今回の2020年の鉱石生産量予測は、前回2019年10月に発表した予測を70万トン下回った。
  • 2021年の銅鉱石生産量は4.6%の増加を予想しているが、これは今後のCOVID-19感染拡大防止対策の対応に左右される。2020年のCOVID-19感染拡大からの回復や鉱山の新たな操業、拡張、大規模プロジェクトの立ち上げなどによって増加すると予測している。

2)銅地金生産

世界の銅地金生産量は、2019年実績は2,405万トンだったが、2020年は1.6%増の2,443万トン、2021年も1.6%増の2,482万トンになると予測した。

・2020年はインド他における製錬所の操業停止とCOVID-19感染拡大の影響によりベルギー、ブラジル、インド、米国などで生産量が減少する。しかしながら、2019年に設備増強のため製錬所を一時操業停止していたチリやザンビアの銅地金生産は大幅に回復する。コンゴ民主共和国の生産も引き続き増加すると予想される。

  • 中国は、COVID-19感染拡大の影響による操業停止、スクラップ供給の逼迫、精鉱供給の減少、硫酸市場の供給過剰などにより、年初に減産となったため当初の予想を下回ることが見込まれる。
  • これにより2020年の地金生産量は、前回2019年10月より85万トン減と予測。
  • スクラップその他原料由来の銅地金生産量は、COVID-19感染拡大に伴うスクラップの生産、回収、加工、輸送の減少に伴う不足により、2020年は5.5%の減少が見込まれている。また、SX-EWの生産量は、主にラテンアメリカでの生産量減少により3%の減少を見込んでいる。それと対照的に、精鉱産銅地金生産は4.5%の増加が見込まれる。
  • 2021年の新地金銅生産量は、鉱山生産量の伸びが少ないため増加は限定的だと予想される。しかしながら、SX-EWの生産はコンゴ民主共和国の増産と米国での新規製錬所の操業開始により回復すると予想される。

3)銅地金消費

世界の銅地金消費量は、2019年実績は2,443万トンだったが、2020年は0.2%増の2,449万トン、2021年は1.1%増の2,475万トンになると予測した。

  • COVID-19感染拡大の影響により、中国を除く世界の銅消費量は2020 年に9%減少すると予測している。これはEU (8%減)や米国(6%減)、インド、日本、ASEAN などで大幅な減少が見込まれていることによる。しかしながら中国で銅地金の輸入が大幅に増加していることによって見掛け消費量が急増するため、相殺されると予測している。
  • 2021年の中国を除く世界の銅消費量は、世界経済が全般的に回復していることから5%の増加。中国の見掛け消費量は、 2020 年の高水準の銅地金輸入を調整分も含めて2%の減少になると予測している。
  • 銅は経済活動に欠かせず、現代の技術社会には必要不可欠であるため、需要は継続的に伸びていくと予想される。中国やインドなどの主要国のインフラ整備や、クリーンエネルギー移行への世界的な流れが銅の需要を支えていくことになる。

4)銅地金需給バランス

世界の銅需給バランスは、2020年は5.2万トンの供給不足、2021年は6.9万トンの供給過剰になると予測した。

  • 今回の予測値は、COVID-19感染拡大の状況によって大きく変化する可能性があることに留意することが必要である。
  • 需給バランスは中国の見掛け消費量を基に計算しているものであるが国家備蓄、生産者、消費者などの在庫は考慮されていない。
  • 前回2019年10月に発表した2020年需給バランス予測は28.1万トンの供給過剰で、今回の予測は5.2万トンの供給不足となったが、これは中国の見掛け消費量が予想を上回ったためである。

2 ICSGの次回総会日程

ポルトガルのリスボンで2021年4月29〜30日に予定。

 

添付:世界の銅地金生産量と消費量予測(ICSG発表)

World Refined Copper Usage and Supply Forecast
Thousand metric tonnes, copper

FORECAST TO
2021

REGIONS

 

(‘000 t Cu)

MINE PRODUCTION

REFINED PRODUCTION

REFINED USAGE

2019

2020

2021

2019

2020

2021

2019

2020

2021

Africa N.America Latin America Asean-10

Asia ex Asean/CIS Asia-CIS

EU

Europe Others Oceania

2,247

2,627

8,779

742

2,415

906

861

919

1,033

2,327

2,519

8,506

840

2,461

906

874

1,069

946

2,516

2,680

9,058

1,032

2,582

911

837

1,149

1,020

1,379

1,727

2,780

734

12,662

499

2,579

1,261

426

1,482

1,634

2,941

726

12,859

507

2,701

1,281

394

1,635

1,870

3,062

718

13,460

504

2,760

1,254

400

180

2,389

428

1,199

16,195

106

3,071

853

5

162

2,228

381

1,021

16,941

102

2,831

816

5

169

2,335

393

1,154

16,758

106

2,983

842

5

TOTAL

20,528

20,446

21,784

24,045

24,523

25,662

24,427

24,486

24,745

World adjusted 1/ 2/

20,528

20,223

21,151

24,045

24,434

24,815

24,427

24,486

24,745

% change

-0.2%

-1.5%

4.6%

-0.1%

1.6%

1.6%

-0.2%

0.2%

1.1%

World Refined Balance (China apparant usage basis)

-382

-52

69

1/ Based on a formula for the difference between the projected copper availability in concentrates and the projected use in primary electrolytic refined production. 2/ Allowance for supply disruptions based on average ICSG forecast deviations for previous 5 years.

以上

 

>> 印刷はこちら(PDF)

一般財団法人 日本鉱業振興会
〒100-0054 東京都千代田区神田錦町3-17-11
TEL 03-5280-2341 FAX 03-5280-7128

サイト利用規約 | プライバシーポリシー

Copyright © The Japan Mining Promotive Foundation. All Rights Reserved.